ヴァンドレッド the second stage連載「Eternal Advance」




Chapter 22 "Singing voice of a spirit"






Action1 -磁気-








 ――磁気嵐とは惑星により生じる磁場が通常の状態から乱れて、激しい磁場の変化を生み出す現象である。

宇宙で発生する磁気嵐の発生原因の詳細は今でも明確に解明されていないが、磁場の発生はそもそも主に惑星の電離層等を流れる電流に起因すると言われている。

主成因の多くは惑星内部から発生するが、惑星表面から外に向けて発生する荷電粒子等にも原因はある。この磁性を有する物質による磁場の乱れが問題なのだ。


この磁気嵐は常に一定ではなく、絶え間なく変化していると――"彼ら"は、語る。


『小難しい事はアタシにも分からねえが、少なくともあの宙域では数年から数千年程度の時間スケールで磁場変動が起きているらしいよ』

『数年から、数千年!? ということは――』


『磁気嵐が収まるのを待つってのは、お前さんの人生全部費やしても徒労に終わるという事だな』


 廃棄された地球のミッションを牛耳っている女ボスのリズと、地球の支配圏で悠々と旅している男商人のラバット。

複雑な経緯を経てカイは商人のラバットと手を組んで、リズと取引する事になった。商売は見事に成功して、取引条件である情報交換を行っている。


地球による刈り取りが横行している中、生き残る上で情報は不可欠であった。


『何でよりにもよって、タラークとメジェールの眼前にそんな磁気嵐が発生しているんだ。
教えて貰ったあらゆるルートを辿っても、こいつが出張っている限り迂回も出来ないじゃねえか』

『タラークかメジェール、そのどちらかの惑星そのものが永久磁石である可能性もあるな』

『永久磁石……? 惑星全体で、強い磁力を帯びているのか』


『タラークもメジェールも、生物が住むのに適した環境とは言い難いだろう。惑星内部には磁化した地殻、いわゆる磁鉄の鉱床になっているかもしれねえな』


 俗説のようにラバットが嘘ぶいているが、カイとしては心当たりがありすぎて頭痛がする思いだった。

タラークについては軍事国家であるがゆえに環境汚染問題がひどく、自国による自業自得も当然ある。だが、それ以前にも環境そのものが悪い。

鉱物資源の話は労働階級だったカイには通説であり、実際労働民が重労働に駆り出されてもいる。その鉱石地帯が、磁鉄の鉱床になっているのかもしれない。


メジェールについては、言わずもがなである。テラフォーミングまで、必要とされているのだから。


『でもタラークとメジェールそのものには、何の影響も受けていないぞ』

『影響を受けていないってのは、アンタの生活環境による所感だろう。
こんなゴミ溜めに住んでいるアタシらに言える筋合いじゃねえけど、健やかに生きられる環境じゃねえだろう。アンタだってこうして飛び出している』


『……人体に影響が出ていないからと言って、何もないとは確かに言えないがな』


 磁気嵐にしても発生源より遠いとはいえ、影響範囲外では決してない。

嵐そのものに巻き込まれていなくても、磁界とは決して目には見えない世界だ。磁界からの磁場の影響を、二つの惑星が受けていない証明が出来ない。

タラークとメジェール、両国家が誕生して長く経過しても、環境は一向に改善されていないのだ。


磁気嵐の影響を、肌で感じていないだけかもしれない。


『惑星内部の鉄やニッケルを多く含んだ核の流動物質が自転と熱対流によって回転することで電流を生じ、磁場を生成して磁界を維持している。
かいつまんで話すと、これが今の磁気嵐を発生されている状態だな』

『俺達は、その磁界を突破しなければならない。現場で分析は行うが、磁場の弱い範囲は見極められるか』

『磁場は常に一定ではなく、絶え間なく変化している。場所と時間によって異なるとしか言えないな』


『ちっ、だったら状況判断しかねえじゃねえか』

『前もって分かっただけでも収穫だろう。何も知らずに突っ込んでたら苦労させられたと思うぜ、アタシは』

『はいはい、商売して下さってありがとうございます』


 皮肉の一つや二つで、いちいちコロコロと態度を変える二人ではない。

リズやラバットにニヤニヤ笑いで切り替えされて、役者の違いを思い知らされるカイであった。

惑星規模で発生する磁場そのものの変化を見極めるのは、かなり苦労させられるだろう。ブリッジクルー達の手腕にかかっているといえる。


数秒から数百年のスケールでも、激しく変化する。


『それほど難儀な場所であれば、無人兵器を持つあいつらの方が有利だな』

『無茶無鉄砲はきくだろうから、有人では出来ない戦術は駆使できるな。お前らがそこまでたどり着いていれば、まず確実に脅威とみなして狙ってくるだろうよ』

『そこまで荒れた環境の磁気嵐であれば、いくら連中でも環境に最適な機体をそう簡単に作れるとは思えないな』


『俺が連中だったら敢えて新型に拘らず、数に任せてお前らを攻めるだろうな』

『……全滅ではなく、戦力を削ぐ手段か』

『アンタだって分かっているだろう――あくまで主戦場は、タラークとメジェール』

『俺達の故郷で、全てを奪うということか』


 基本的な戦術ではあるのだが――意外と今までやって来なかった、戦力の削除。

刈り取りばかり狙ってきた地球側は、常に殲滅の勢いでやって来た。だからこそ完全勝利か完全敗北かの、どちらかだった。

しかし、磁気嵐における戦場は違う。向こうは殲滅ではなく、あくまで侵略を目的に襲ってくる。両惑星を刈り取るべく、カイ達の戦力を削るのが目的だ。


戦争においては手垢の付いた戦術だが、人員も物資にも限りがあるカイ達には痛いやり方だ。



『それでどうするつもりなんだい、お前さんは』

『いつ磁気が変動するか分からないのなら――こちらで誘発しよう』



 こうして、戦いは始まった。























<to be continued>







小説を読んでいただいてありがとうございました。
感想やご意見などを頂けると、とても嬉しいです。
メールアドレスをお書き下されば、必ずお返事したいと思います。


<*のみ必須項目です>

名前(HN)

メールアドレス

HomePage

*読んで頂いた作品

*総合評価

A(とてもよかった)B(よかった) C(ふつう)D(あまりよくなかった) E(よくなかった)F(わからない)

よろしければ感想をお願いします





[ NEXT ]
[ BACK ]
[ INDEX ]

Powered by FormMailer.